Voice


Voice
作詩/作曲 春翠
恋の行方はいつも不確定で
脆くて弱くて
簡単に消えてしまうね
心の声はいつも不安定で
容易く変わるよ
他人に流されるね
思い出はいつも曖昧で
忘れて美化して
事実が変わっていくね
あなたの声は美しくて
強くて優しくて
確かなもの
あの日言葉交わした瞬間に
鼓膜の中響いた 透明な音
あの時感じた感情に
僕は震えたよ
会いたくて今すぐ君に
愛しいその声と重なりたい
信じたい音を見つけたよ
ありがとう ねぇ 愛してる
一人きり凍える夜も
不安だけ募る長い夜も
この声が闇を照らすよ
ありがとう
ねぇ良かったよ
君に会えて