名古屋・大阪LIVEレポート

2016.10.21~10.31まで、6都市8公演を廻った全国ツアー。
その中から凱旋ライブとなった名古屋公演と、翌日の大阪公演の動画をお届けします。

まずは名古屋「鑪ら場」の公演から。
ほぼ時間通りに会場に着いたら、すでに開場を待つ人たちの列ができていて、開演頃には超満員。
この名古屋公演は、2016.7.10のワンマンLIVEで披露されたバンド(クワトロチーズ)演奏で、滅多に観れない貴重なステージです。

この日に備えて、SONYのミュージシャン専用カメラを新たに導入して撮影しました。(ズームができないので遠目ですが)音が良い!
ワンマンライブの動画では音割れもありましたが、今回は綺麗ですよ!音量を上げてお楽しみださい。

1曲目は超人気(当サイト調べ)、独創的なサビが病みつきになる別れの曲「MOON」です。

2曲目はバンドならでは!の、疾走感が爽快なロックチューンの「FAMILY」です。

3曲目は、2nd Single「サボテン」に収録されている「Right over 2 base hit」のクワトロチーズアレンジです。
CDをチェックする

4曲目は、1st Single「Beautifu life」に収録されている「Love you too」のクワトロチーズアレンジです。
CDをチェックする

5曲目は、「Beatiful life」のクワトロチーズアレンジです。普段のステージともCDともまるで違う雰囲気は必聴です。
CDをチェックする

ここで、今夜限りのスペシャルなサプライズがありました。
なんと春翠が大学生の頃に名古屋を中心に活動していた「春Jr」でのステージです。
パートナーの芝田真樹さんは、1st Single「Beautiful life」にA.ギターで参加しているミュージシャンです。
幻の名曲「旅立ちよ今」をどうぞ。

ラストは、春翠ひとりの演奏で「サボテン」です。
演奏する度に表情を変える楽曲ですが、今回は情感たっぷりに歌い上げます。こちらも必聴です。
CDをチェックする

ライブ後の様子を2階(ロフト)から観ていたんですが、さすがに凱旋ライブですね、誰も帰らない(笑)
お酒を楽しむ人たち、談笑、記念撮影、来場してくれた人たちに心からの感謝を伝え、大切にする春翠。
音楽性だけでなく、この人柄が、多くの仲間やファンから愛され、信頼され、支持されるのだろうと思います。

続いて、大阪「酔夏男」の公演からピックアップしてお届けします。

まずは、2nd Single「サボテン」に収録されている「太陽のうた」です。
美しいです!僕はこのステージをみなさまにお届けできることがとても嬉しいです。
CDをチェックする

次は、沖縄で開催されたDVフォーラムのために描かれた「Demonstrator」です。
サビの「バイバイ、バイバイ」が印象的な、元気が出るメッセージソングです。歌詞にも注目してみてください。

ラストは、弟の結婚式のために描かれた「Sun wave」です。
人気の高い(当サイト調べ)Wedding Songを、これまでにない高音質でお楽しみください。

最後に、名古屋「鑪ら場」の公演にいらしていた山田雅人さんが、Facebookで素敵な記事を書かれていましたのでご紹介します。
(ご本人より了承を得ています)
僕はこの記事を、翌日の大阪公演の前に喫茶店で泣きながら何度も読み返しました。

初のワンマンライブから始まり、宮古島のワンマンライブ、全国ツアーを経てさらなる進化を続ける春翠。
初のアルバムを絶賛制作中ですよ!どんなアルバムに仕上がるのか楽しみですよね~
待望のアルバム発売に向けて、引き続き「祭りだワッショイ」で応援していきます♪