2016.7.10 ONE MAN LIVE 1部

2016.7.10にHuman Stageで開催されたワンマンライブを、1部と2部の2回に分けてレポートします!

春翠がソロとして本格的に音楽活動を始動させてわずか3ケ月、沖縄での初のワンマンライブはHuman Stageを満員にする勢いです。客層を見ると、学生の男女はもちろん、20代~40代の男女、壮年、小中学生、父兄など、多彩で、年代や性別を問わずたくさんの人たちに愛されていることが分かります。そして春翠の「ドリンクの注文に並ばれている方がまだいるので、開始時刻を遅らせます」との心遣い。優しいですね。

今回のライブは2部構成で、1部は春翠が1人で演奏し、2部はバンド演奏となります。バンド演奏とは!期待が膨らみます。オープニングアクトで「CUBE☆」という3人組のユニットがキレッキレのダンスと歌を披露して、会場のボルテージを一気に上げてくれました。

そしていよいよ春翠の登場です。胸に金文字で「OK」と書かれたTシャツで、春翠が準備万端であることがうかがえます!
さあ、スタートです!

  #1 Voice
1曲目はギターへの愛を大人っぽく、しっとりと歌い上げます。「癒し系ソングを歌う人」と思われがちな春翠ですが、今夜は決してそればかりではない、いろんな春翠の色を見せてくれそうな予感がする、そんなスタートです。

  #2 Demonstorator
2曲目は「誰もが持っている弱さ」について歌う軽快なメッセージソングです。「バイバイ、バイバイ」のフレーズが心地よく耳に残るキャッチーさと、テーマ性の高い歌詞が絶妙なバランスの良さだと思います。

  #3 Sakura Magic
次は会場のみんながひとつになって盛り上がるノリノリなこの曲です!僕はこの曲が好きすぎて、勝手に春翠の代表曲だと思っております(笑)そして!曲の途中のハプニングに注目!注目しちゃだめか。ひっそりと笑いましょう。そう、春翠といえば恒例のあのハプニングですよ。春翠らしくて微笑ましいですね(笑)

  #4 サボテン
ギターがあれになってしまったので、控えの黒いギターで4曲目を歌います。発売されたばかりの2nd Singleのタイトル曲を引き語りで披露します。裏話ですが、この曲は「Love lleter」というタイトルでしたが、ある日のライブから「サボテン」に変わりました(笑)なぜなのかは春翠に聞いてみてくださいね。

  #5 Sun wave
5曲目はギターを置いて、弟の結婚式で歌うために描いたという曲を歌います。全身で曲を表現する春翠に注目です。まるでビーチウェディング、やわらかい潮風に包まれて永遠の愛を誓う、そんな幸福を連想させる、とてもさわやかで、marryな曲です。

  #6 太陽のうた
1部の最後は、胸に太陽が描かれた黄色いTシャツに着替え、2nd Singleのボーナストラックとして収録されている曲を歌います。春まで働いていた学童の指導員を辞める際、卒所式で歌ったというこの曲はまさに「太陽」のひだまりでほっこりするような、優しさに満ち溢れたバラードです。春翠の人柄の良さを一番感じられる曲ではないでしょうか。

ここで1部が終了です。2部ではいよいよバンド演奏です!
2部はこちらです。