2016.7.10 ONE MAN LIVE 2部

2016.7.10にHuman Stageで開催されたワンマンライブを、1部と2部の2回に分けてレポートします!

1部の後に休憩を挟み、3人組ユニット「CUBE☆」が再び登場!キレッキレのダンスを披露して会場を沸かせます。こういうエンターテイメントを取り入れることにも、春翠の「いろんな人に楽しんでもらいたい」という優しい気持ちが表れていますよね。

バンドメンバーと春翠が登場し、いよいよ2部が始まります。1部が昼のイメージで、2部は夜のイメージだと、僕は勝手に解釈しています。バンドによる、最高に陽気で、キラキラした、エナジーがはじける熱帯夜のパーティがスタートです!

2部のレポートは、サポートギターのYamatoくんが提供してくれた動画でリニューアルしました。僕が撮影した以前の動画はMOVIEで公開しています。
  #7 Moon
7曲目は独創的なサビのメロディーが中毒性を放つパーティチューンです。元々バンド演奏を前提に描かれた曲と思われます。春翠のロックな歌唱法やファルセットにも注目です。

  #8 FAMILY
8曲目は疾走感が爽快なノリノリのロックチューンです。普段のアコースティックな春翠のイメージが強いとぶったまげる方もいるかも知れないですが、沖縄はロックの文化が根強いですし、会場は大盛り上がりで、ものすごいボルテージでした。

ここでバンドメンバーの紹介が入ります。バンド名はなんと「クワトロチーズ」です。画像の左から、ベースの「ゴーダチーズ」たけちゃん、ボーカル&ギターの「モッツァレラチーズ」春翠、ギターの「カマンベールチーズ」やまとくん、ドラムの「ブルーチーズ」のんちゃん、です。一緒に居てとても楽しい4人組とのことでトークも弾み、わきあいあいな雰囲気と笑いで会場を和ませていました。
僕はチーズが大好物なので、このバンドはヨダレものです。特にカマンベールが好きなので、やまとくんカモンって感じです。そこはどうでもいいですね。
・写真提供はカメラマンの金城達也さん。

  #9 Right over 2base hit
9曲目は、長い闘病生活を乗り越え、病気を克服して大好きな野球のマウンドに立ったという、春翠の実在の友人を描いたメッセージソングです。2nd Singleに収録されていますが、今回はライブバージョンでのアレンジになっています。「生きるって素晴らしい」そう思わずにはいられない、「生きる力」への賛歌です。

  #10 Love you too
夜も更けてパーティは終わり(勝手にそう思っている)、1st Singleに収録されている愛の歌が10曲目に登場です。普段のライブではあまり歌わない珠玉のバラードを、心を込めて全身全霊で歌い上げます。ほとばしる感情を爆発させるような、迫力のステージです。

  #10 Beautiful life
夜明けが近づいてきました(勝手にそう思っている)。眩しいくらいに輝いた太陽が昇る、清々しい夜明けです。そんなラストの曲は、もちろん「Beautiful life」です。

苦難の道や挫折、様々な想いを抱えながらも「もう一度歌う理由を見つけた」という春翠。

「ありがとうの先にきっと、
                       新しい門出がある」

ステージに上がる度、「ありがとう」と何度も繰り返す春翠。家族に、仲間に、応援してくれるみんなに、心からの感謝を届けたい。そんな思いを込めてラストの「Beautiful life」を歌う春翠に、会場のみんなが大合唱で応えます。
みんなの心がひとつにつながる瞬間でした。
この最高のライブが、最高の門出となったに違いない。この最高の瞬間を共有したみんなが、きっとそう感じたと思うのです。


※この後にアンコール曲がありますが、春翠の意向で掲載を差し控えております。

最高のライブをありがとう。

いつもこのサイトをのぞいてくれているみなさん、ありがとう。
みなさんに少しでもライブの雰囲気が伝わればいいな、そして感動を共有したり、春翠のライブに足を運ぶきっかけになればいいなと願っています。そして、遠方や海外から応援してくれている仲間のみなさんに少しでも楽しんでもらえたらいいな、そしてそして、もっともっと世界中に春翠の音楽が届くように、これからもファンサイトを盛り上げていきます。

  Report by 矢野源周